www.fenerbahcemaclari.com

おっさんになっても、プログラマでありつづけたい




店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA78-EJ1・スズキ アルト・ワゴンR 純正品番:18213-74F00 新作入荷,最新作

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA78-EJ1・スズキ アルト・ワゴンR 純正品番:18213-74F00 新作入荷,最新作

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで(92461) 日本特殊陶業 NTK O2センサー(酸素センサ) 上流側用(エンジン側) トヨタ エスティマハイブリッド AHR10W/2AZ-FXE (OZ

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで(92461) 日本特殊陶業 NTK O2センサー(酸素センサ) 上流側用(エンジン側) トヨタ エスティマハイブリッド AHR10W/2AZ-FXE (OZ

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA544-EN14・マツダ ファミリア 純正品番:1N10-18-861 高品質

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA544-EN14・マツダ ファミリア 純正品番:1N10-18-861 高品質

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA562-EH6・ホンダ ステップワゴン 純正品番:36531-PNC-004 お得,人気セール

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA562-EH6・ホンダ ステップワゴン 純正品番:36531-PNC-004 お得,人気セール

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで(94450) 日本特殊陶業 NTK O2センサー(酸素センサ) 上流側用(エンジン側) ダイハツ アトレーワゴン S220G・230G/EF-VE(DOHC

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで(94450) 日本特殊陶業 NTK O2センサー(酸素センサ) 上流側用(エンジン側) ダイハツ アトレーワゴン S220G・230G/EF-VE(DOHC

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA668-EE25・スズキ エヴリィ・エヴリィワゴン 純正品番:18213-68H51OZA668-EE2

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA668-EE25・スズキ エヴリィ・エヴリィワゴン 純正品番:18213-68H51OZA668-EE2

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA93-EJ1・スズキ アルト・ワゴンR 純正品番:18213-64F00 定番人気,人気セール

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA93-EJ1・スズキ アルト・ワゴンR 純正品番:18213-64F00 定番人気,人気セール

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA668-EE11・ダイハツ プレオ・プレオネスタ 純正品番:22690KA331OZA668-EE11

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA668-EE11・ダイハツ プレオ・プレオネスタ 純正品番:22690KA331OZA668-EE11

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA577-EE3・ホンダ ライフ 純正品番:36581-PFB-J02OZA577-EE3 豊富な,新作登

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA577-EE3・ホンダ ライフ 純正品番:36581-PFB-J02OZA577-EE3 豊富な,新作登

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA642-EE1・トヨタ オーリス 純正品番:89465-12800 OZA642-EE1 新作,HOT

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA642-EE1・トヨタ オーリス 純正品番:89465-12800 OZA642-EE1 新作,HOT

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで【山田辰 ツヅキ服】作業着 ユニフォーム つなぎ2カラー/7サイズ【15-10000】 本物保証,正規品

カラーのボタンがクールなツヅキ服! 素 材■ポリエステル65%、綿35% カ ラ ー■ EM.エメラルドグリーン MB.マリンブルー サ イ ズ■S~5L ※日本人仕様になります。 商品仕様■ 袖口(カフス)、帯持出し/マジックテープ フロントファスナー/コイル(スライダー:金属) 左胸ポケットファスナー/コイル(スライダー:金属) 背中ノーフォーク使用 ペン差し/左袖 腰帯脇ゴム仕様、ジャバラ部パワーネット仕様 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで【山田辰 ツヅキ服】作業着 ユニフォーム つなぎ2カラー/7サイズ【15-10000】 本物保証,正規品

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで【NGK】【4本入り】プレミアムRXプラグスパークプラグ 【LTR6ARX-13P】【ゆうパケット送料無料(代引・日時指定不可)】 豊富な

NGK(日本特殊陶業)のスパークプラグ、プレミアムRXです。 世界初の新素材“ルテニウム配合中心電極”と“白金突き出し+オーバル形状”外側電極採用。 抜群の着火性を実現し、低燃費、耐汚損性、ロングライフ等、トータル性能を極めた次世代プレミアムプラグです。 抜群の着火性能と燃焼力がプレミアムな走りを実現。 スムーズな始動性、アクセルレスポンスの向上などの効果のほかにも省燃費にも貢献。 一般プラグに比べ2.2%の燃費アップ、アイドル燃費でも1.9%の省燃費効果を実現しています。 長期間の低速走行や短期間のエンジンON/OFFによるくすぶり、かぶりにも強く、長寿命を実現。 イリジウムMAXプラグ比でも約20%走行耐久性が向上。すぐれたプラグ性能を長く発揮! ※ご注意※ご購入前に必ず適合をご確認ください。 メーカーサイト適合確認は、コチラ 上記をご確認のうえ、ご購入をお願い致します。 ご注文後、お客様のご都合による返品・交換は、お受けいたしかねますので予め、ご了承の上お買い求めください。 ※メーカーページが表示できないなど・不明時、お手数ですが店舗までご連絡をお願い致します。 プレミアムRXプラグ ラインナップ 品番ネジ径 (mm)ネジ長 (mm)六角対辺 (mm)熱価端子形状1個箱 ストックNo 3本セット 4本セット イリジウムMAX 対応品番BKR6ERX-PS1419166ポンチカシメ型92220BKR6ERX-PSBKR6ERX-PSBKR6EIX-PBKR5ERX-11P1419165ポンチカシメ型93228BKR5ERX-11PBKR5ERX-11PBKR5EIX-11P ZFR5FIX-11PBKR6ERX-11P1419166ポンチカシメ型94915BKR6ERX-11PBKR6ERX-11PBKR6EIX-11P ZFR6FIX-11PDCPR7ERX-P1219167ポンチカシメ型97620DCPR7ERX-PDCPR7ERX-PDCPR7EIX-PLFR6ARX-P1426.516-ポンチカシメ型90868LFR6ARX-PLFR6ARX-P-LFR5ARX-11P1426.5165ポンチカシメ型92294LFR5ARX-11PLFR5ARX-11PLFR5AIX-11P DF5B-11ALFR6ARX-11P1426.5166ポンチカシメ型95515LFR6ARX-11PLFR6ARX-11P-LKAR7ARX-11P1226.5147ポンチカシメ型94493LKAR7ARX-11PLKAR7ARX-11P-LKR6ARX-P1226.516-ポンチカシメ型91516LKR6ARX-PLKR6ARX-P-LKR7ARX-P1226.5167ポンチカシメ型90020LKR7ARX-PLKR7ARX-P-LTR5ARX-13P1425165ポンチカシメ型96290LTR5ARX-13PLTR5ARX-13P-LTR6ARX-13P1425166ポンチカシメ型94176LTR6ARX-13PLTR6ARX-13P- 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで【NGK】【4本入り】プレミアムRXプラグスパークプラグ 【LTR6ARX-13P】【ゆうパケット送料無料(代引・日時指定不可)】 豊富な

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA586-ETY1・トヨタ bB・イスト・アレックス 純正品番:89465-20810OZA586-ETY

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA586-ETY1・トヨタ bB・イスト・アレックス 純正品番:89465-20810OZA586-ETY

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで(1386) 日本特殊陶業 NTK O2センサー(酸素センサ) 上流側用(エンジン側) ダイハツ アトレー7 S221G・231G/K3-VE(DOHC) (

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで(1386) 日本特殊陶業 NTK O2センサー(酸素センサ) 上流側用(エンジン側) ダイハツ アトレー7 S221G・231G/K3-VE(DOHC) (

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで【日本特殊陶業 NGK】【OZA639-EAF1】91638O2センサー 酸素センサースバル サンバーTT1/TT2/TV1/TV2等 爆買い,送料無料

【日本特殊陶業 NGK NTK】【OZA639EAF1】O2センサー 酸素センサー 91638 理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで【日本特殊陶業 NGK】【OZA639-EAF1】91638O2センサー 酸素センサースバル サンバーTT1/TT2/TV1/TV2等 爆買い,送料無料

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで【NGK】【4本入り】 イリジウムMAX スパークプラグ【DF5B-11A】 赤字超特価,2019

NGK(日本特殊陶業)のスパークプラグ イリジウムMAX。 MAXはIXの高性能は維持しつつ、耐久性を向上させるため外側電極にも貴金属を採用した両貴金属タイプ(長寿命)プラグです。 イリジウムプラグは、従来のプラグに比べ発火時の炎の広がりが速く、燃焼効率も抜群。 優れた放電性と強力な燃焼でエンジンの性能を最大限に引き出し、ワンランク上の加速性を実現します。 微小放電が生れるサーモエッジを絶縁体先端部分に設計。プラグの着火性能を常に高く維持します。 ※ご注意※ご購入前に必ず適合をご確認ください。 メーカーサイト適合確認は、コチラ 上記をご確認のうえ、ご購入をお願い致します。 ご注文後、お客様のご都合による返品・交換は、お受けいたしかねますので予め、ご了承の上お買い求めください。 ※メーカーページが表示できないなど・不明時、お手数ですが店舗までご連絡をお願い致します。 IRIDIUM MAXプラグ ラインナップ 品番 ネジ径(mm) ネジ長(mm) 六角対辺(mm) 端子形状 BCPR5EIX-11P 14 19 16 ポンチカシメ型 BCPR6EIX-11P 14 19 16 ポンチカシメ型 BKR5EIX-P 14 19 16 ポンチカシメ型 BKR6EIX-P 14 19 16 ポンチカシメ型 BKR7EIX-P 14 19 16 ポンチカシメ型 BKR5EIX-11P 14 19 16 ポンチカシメ型 BKR6EIX-11P 14 19 16 ポンチカシメ型 BKR7EIX-11PS 14 19 16 ポンチカシメ型 BPR5EFIX-13P (テーパーシート) 14 17.5 16 ポンチカシメ型 BPR6EFIX-13P (テーパーシート) 14 17.5 16 ポンチカシメ型 BPR5EIX-P 14 19 20.8 分離型 BPR6EIX-P 14 19 20.8 分離型 BPR5EIX-11P 14 19 20.8 ポンチカシメ型 BPR6EIX-11P 14 19 20.8 ポンチカシメ型 DCPR7EIX-P 12 19 16 ポンチカシメ型 DF5A-11A 14 19 16 一体型 DF5B-11A 14 26.5 16 一体型 DF6H-11A 12 28(取付ネジ長26.5 +金具突出し1.5) 14 一体型 DF6H-11B 12 26.5 14 一体型 DF7H-11B 12 26.5 14 一体型 DF8H-11B 12 26.5 14 一体型 DFH6B-11A 14 26.5 16 一体型 B6AIX-11P 14 20.5(取付ネジ長19 +金具突出し1.5) 16 一体型 HB6BIX-11P 14 19 16 一体型 LFR7AIX-P 14 26.5 16 ポンチカシメ型 LFR6AIX-P 14 26.5 16 ポンチカシメ型 LFR5AIX-11P 14 26.5 16 ポンチカシメ型 LFR6AIX-11P 14 26.5 16 ポンチカシメ型 LKAR6AIX-13P 12 26.5 14 ポンチカシメ型 LKR7AIX-P 12 26.5 14 ポンチカシメ型 LKR7BIX-P 12 26.5 14 ポンチカシメ型 ZFR5FIX-11P 14 19 16 ポンチカシメ型 ZFR6FIX-11P 14 19 16 ポンチカシメ型 ZFR6KIX-11PS 14 20.5(取付ネジ長19 +金具突出し1.5) 16 ポンチカシメ型 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで【NGK】【4本入り】 イリジウムMAX スパークプラグ【DF5B-11A】 赤字超特価,2019

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA562-EH5・ホンダ ストリーム 純正品番:36532-PNA-004 大得価,正規品

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA562-EH5・ホンダ ストリーム 純正品番:36532-PNA-004 大得価,正規品

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA637-EJ1・日産 モコ 純正品番:25012-4A00AOZA637-EJ1 大人気,お買い得

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA637-EJ1・日産 モコ 純正品番:25012-4A00AOZA637-EJ1 大人気,お買い得

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで日本特殊陶業 NTK O2センサー(酸素センサ)ダイハツ ハイゼット 型式 S320V S330V S330W アトレーワゴン 型式 S320G S330G

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで日本特殊陶業 NTK O2センサー(酸素センサ)ダイハツ ハイゼット 型式 S320V S330V S330W アトレーワゴン 型式 S320G S330G

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA669-EE39・スズキ アルト 純正品番:18213-72J31OZA669-EE39 人気SALE,

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA669-EE39・スズキ アルト 純正品番:18213-72J31OZA669-EE39 人気SALE,

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA577-EE1・ホンダ バモス・バモススパイク 純正品番:36531-PFE-N03 HOT,人気SAL

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA577-EE1・ホンダ バモス・バモススパイク 純正品番:36531-PFE-N03 HOT,人気SAL

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA669-EE7・三菱 エアトレック・アスパイア 純正品番:MR507809OZA669-EE7 お買い得

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA669-EE7・三菱 エアトレック・アスパイア 純正品番:MR507809OZA669-EE7 お買い得

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA586-ETY8・トヨタ イスト・アレックス 純正品番:89465-52210OZA586-ETY8 赤

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA586-ETY8・トヨタ イスト・アレックス 純正品番:89465-52210OZA586-ETY8 赤

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA668-EE19・三菱 エアトレック 純正品番:MR578199OZA668-EE19 2019新款

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA668-EE19・三菱 エアトレック 純正品番:MR578199OZA668-EE19 2019新款

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで(1390) 日本特殊陶業 NTK O2センサー(酸素センサ) 上流側用(エンジン側) トヨタ ランドクルーザー UZJ100W/2UZ-FE (OZA670

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで(1390) 日本特殊陶業 NTK O2センサー(酸素センサ) 上流側用(エンジン側) トヨタ ランドクルーザー UZJ100W/2UZ-FE (OZA670

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA669-EE41・トヨタ タウンエースノア・ライトエースノア 純正品番:89465-14120OZA66

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA669-EE41・トヨタ タウンエースノア・ライトエースノア 純正品番:89465-14120OZA66

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで(1486) 日本特殊陶業 NTK O2センサー(酸素センサ) 上流側用(エンジン側) スバル インプレッサ GD2・3/EJ15 (LZA10-EAF4)

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで(1486) 日本特殊陶業 NTK O2センサー(酸素センサ) 上流側用(エンジン側) スバル インプレッサ GD2・3/EJ15 (LZA10-EAF4)

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで【NGK】プレミアムRXプラグスパークプラグ 【4本入】【DCPR7ERX-P】No.97620【ゆうパケット送料無料(代引・日時指定不可)】 低価,正規品

NGK(日本特殊陶業)のスパークプラグ、プレミアムRXです。 世界初の新素材“ルテニウム配合中心電極”と“白金突き出し+オーバル形状”外側電極採用。 抜群の着火性を実現し、低燃費、耐汚損性、ロングライフ等、トータル性能を極めた次世代プレミアムプラグです。 抜群の着火性能と燃焼力がプレミアムな走りを実現。 スムーズな始動性、アクセルレスポンスの向上などの効果のほかにも省燃費にも貢献。 一般プラグに比べ2.2%の燃費アップ、アイドル燃費でも1.9%の省燃費効果を実現しています。 長期間の低速走行や短期間のエンジンON/OFFによるくすぶり、かぶりにも強く、長寿命を実現。 イリジウムMAXプラグ比でも約20%走行耐久性が向上。すぐれたプラグ性能を長く発揮! DCPR7EIX-P/DCP7E/DCPR7E/DCP7EVX/DCPR7EVX等に互換 ※ご注意※ご購入前に必ず適合をご確認ください。 メーカーサイト適合確認は、コチラ 上記をご確認のうえ、ご購入をお願い致します。 ご注文後、お客様のご都合による返品・交換は、お受けいたしかねますので予め、ご了承の上お買い求めください。 ※メーカーページが表示できないなど・不明時、お手数ですが店舗までご連絡をお願い致します。 プレミアムRXプラグ ラインナップ 品番ネジ径 (mm)ネジ長 (mm)六角対辺 (mm)熱価端子形状1個箱 ストックNo 3本セット 4本セット イリジウムMAX 対応品番BKR6ERX-PS1419166ポンチカシメ型92220BKR6ERX-PSBKR6ERX-PSBKR6EIX-PBKR5ERX-11P1419165ポンチカシメ型93228BKR5ERX-11PBKR5ERX-11PBKR5EIX-11P ZFR5FIX-11PBKR6ERX-11P1419166ポンチカシメ型94915BKR6ERX-11PBKR6ERX-11PBKR6EIX-11P ZFR6FIX-11PDCPR7ERX-P1219167ポンチカシメ型97620DCPR7ERX-PDCPR7ERX-PDCPR7EIX-PLFR6ARX-P1426.516-ポンチカシメ型90868LFR6ARX-PLFR6ARX-P-LFR5ARX-11P1426.5165ポンチカシメ型92294LFR5ARX-11PLFR5ARX-11PLFR5AIX-11P DF5B-11ALFR6ARX-11P1426.5166ポンチカシメ型95515LFR6ARX-11PLFR6ARX-11P-LKAR7ARX-11P1226.5147ポンチカシメ型94493LKAR7ARX-11PLKAR7ARX-11P-LKR6ARX-P1226.516-ポンチカシメ型91516LKR6ARX-PLKR6ARX-P-LKR7ARX-P1226.5167ポンチカシメ型90020LKR7ARX-PLKR7ARX-P-LTR5ARX-13P1425165ポンチカシメ型96290LTR5ARX-13PLTR5ARX-13P-LTR6ARX-13P1425166ポンチカシメ型94176LTR6ARX-13PLTR6ARX-13P- 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで【NGK】プレミアムRXプラグスパークプラグ 【4本入】【DCPR7ERX-P】No.97620【ゆうパケット送料無料(代引・日時指定不可)】 低価,正規品

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA186-EF3・マツダ デミオ 純正品番:B31R-18-861A 最安値,送料無料

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA186-EF3・マツダ デミオ 純正品番:B31R-18-861A 最安値,送料無料

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA609-EM3・三菱 ek-アクティブ・ek-ワゴン 純正品番:1588A003OZA609-EM3 本

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59までNTK O2センサ 【NTK 酸素センサ】 OZA609-EM3・三菱 ek-アクティブ・ek-ワゴン 純正品番:1588A003OZA609-EM3 本

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで【NTK】(9457) 日本特殊陶業 NTK O2センサー(酸素センサ) 上流側用(エンジン側) スズキ Kei HN22S(AT車)/K6A(DOHC) (

理想の空燃比を検知する NTK O2センサ O2センサとは 排出ガス中の有害物質(HC、CO、NOx)を削減するためには高度な制御が必要ですが、O2センサは排出ガスに含まれる酸素濃度を検知し、エンジン制御にフィードバックする重要な働きをしています。 NTK O2センサは燃料と空気の混合比(空燃比)が最適な理論空燃比「λ(ラムダ)=1 ※1 」となるように、排出ガス中の酸素濃度を検知し、ECU ※2 にフィードバックします。ECUはO2センサからの信号により理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)場合は燃料を薄く、薄い(リーン)場合は燃料を濃くすることにより、排出ガス中の有害物質を最も浄化する理論空燃比付近での制御を行います。 このようにNTK O2センサは排出ガス中の有害物質を削減する上で、重要な部品となっています。 ※1 λ=1:空燃比(A/F)=約14.7 ※2 ECU:エンジン・コントロール・ユニット ※3 ウィンドゥ:排出ガスが最も浄化される目標値。三元触媒が一番効率よく機能し、負担も少なく劣化も防止できる。 ※三元触媒排出ガス中の一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の酸化と窒素酸化物(NOx)の還元を同時に行い、無害な二酸化炭素(CO2)、水(H2O)、窒素(N2)に浄化する役割を持っています。理論空燃比「λ=1」付近で最も有効に働きます。(【図1】ウィンドウの部分) ご注文時のお願い ■車種によりO2センサーの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ■弊社にお問合せいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせ下さい。 ジルコニア素子を採用した高性能O2センサ ジルコニア素子は300℃を越える温度下で酸素濃度の差によって起電力が発生する特性を持っています。この特性を利用して、素子の内側と外側(大気と排出ガス)の酸素濃度差を検知し、理論空燃比に対して燃料が濃い(リッチ)、薄い(リーン)かをECUにフィードバックするのがジルコニアタイプセンサの特徴です。 全領域空燃比センサ 全領域空燃比センサは、理論空燃比に対して、どの程度リッチもしくはリーンであるかを検知できます。したがって、ジルコニアO2センサよりも精密なエンジン制御が可能となります。また、リーンバーン制御等の理論空燃比(λ=1)以外でのエンジン制御も可能になります。 また、従来の全領域空燃比サンサの特性をそのままに耐熱性、耐久性を向上させ、素子とヒータの一体構造により、早期活性(エンジンキーON後、5秒以内に作動開始)を実現した早期活性型全領域空燃比センサもあります。 ご注文時のお願い ●車種によりO2センサの適合及び必要本数が異なりますので、NTK適応表をご参照下さい。 ●弊社にお問い合わせいただく場合には、車検証に記載されております情報をお知らせください。 取り扱い上の注意 ●このセンサを本来の目的以外には使用しないでください。 ●弊社発行の適応表に記載されている正しい品番のセンサをお使いください。 ●落下させたり、衝撃を与えると内部のセラミック素子が割れる恐れがありますので、ご注意ください。 ●センサのネジ部分には焼き付き防止剤を塗布しております。ゴミ等の付着防止のため、保護キャップはセンサを取り付ける直前に外してください。 ●焼き付き防止剤が手などに付着した場合は、直ぐに水などで洗い流してください。 ●本体に固定されているリード線をねじったり、曲げたりしないでください。 ●センサを取り付ける際、インパクトレンチやソケットタイプのレンチは使用しないでください。 ●センサの取り付けは、指先でねじ込み、レンチを使って、次の締め付けトルクを目安に締め付けてください。 ・ネジ径18mm=約35~45N・m(3.5~4.5kgm) ●リード線やコネクタを排気マニホールドやその他の高温な部分には触れさせないでください。 ●リード線はオリジナル同様に配線して、コネクタをしっかり取り付けてください。 ●保管温度:常温で高温多湿を避けて保管してください。 ●このセンサは補修用に製造された自動車専用の純正相当品で互換性を保証するものではありません。 ●各自動車メーカーが定めた保証期間内に交換する場合は、お車の購入先にご相談ください。 注意! ●点検・交換・調整は必ずエンジンを止めて行ってください。 ●改造車等に使用しますと正常に機能しない場合があります。 ●製品の仕様・外観・サイズは改良のため予告なく変更することがあります。 ●弊社発行の適応表に記載のない車両への取り付け等に発生した不具合につきましては、当社は一切責任を負いかねます。 ●弊社発行の適応表に記載のある車種で年式・形式等の情報が一致しているものでも、特別仕様車等により説明書記載内容と異なる場合があります。 交換いただく前に、必ず現在お車に装着されている製品を合わせてご確認ください。 ●本書の内容は2009年1月現在のものです。内容については予告なく変更することがあります。 ●製品の色合いは印刷のため、実際と異なる場合があります。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで【NTK】(9457) 日本特殊陶業 NTK O2センサー(酸素センサ) 上流側用(エンジン側) スズキ Kei HN22S(AT車)/K6A(DOHC) (

店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで【D-SPORT ディースポーツ Dスポーツ】 ダイハツ用 DSPORTスポーツブレーキローター 左右セット【43512-B010】 品質保証,人気SALE

【D-SPORT ディーパーツ DPART】スポーツブレーキローター【43512-B010】 D-SPORTスポーツブレーキローターは、新開発のCV鋳鉄を採用することで、確かな強度と優れた耐久性を備え、高い信頼性を誇ります。 ●独自の6本スリットにより、優れたクリーニング効果と安定した制動力を発揮し、ブレーキパッドの 性能を最大限に引き出します。 ●表面にメッキ処理を施し、防錯性能を向上。 店内複数エントリーポイント最大14倍のチャンス!店舗内バナーをクリック!11/30 23:59まで【D-SPORT ディースポーツ Dスポーツ】 ダイハツ用 DSPORTスポーツブレーキローター 左右セット【43512-B010】 品質保証,人気SALE